2009年度 活動履歴 - 谷中のおかって

谷中のおかって

谷中のおかって1

日時
2009年9月〜10月にかけて
場所
東京都 台東区 谷中−上野

「谷中のおかって」は、東京都台東区の谷中地域を拠点に、さまざまな企画運営を通して「アート」に何が可能かを探求していくチームとして、プロジェクト2の学生と場を開くことに関心のある社会人を中心に2008年から活動をおこなっている。

谷中は近年、下町情緒溢れる街として注目を集めており、地域資源を守っていくためのプロジェクトが盛んにおこなわれている。休日は地域外からの散歩客で賑わいをみせ、小さなお店や工房を谷中に新しくオープンする若い人たちも増えている。このような状況の中で、地域住民と地域外から訪れる人、企画者とアーティスト、プロの表現者と若手アーティストなどさまざまな人をつなぎ、新たな交流、新たな活動を生み出していける場づくりを実践している。

創立1年目の2008年は、谷中でおこなわれるいくつかの企画のアドバイスや手伝いをおこないながら、メインとしてアートイベントである〈art-Link 上野−谷中2008〉内でインフォメーション運営とガイドツアーをおこない、観客により充実したサービスを提供するには何が必要なのかということについて考察した。

2009年には、さらに自主企画として「ぐるぐるヤ→ミ→プロジェクト」を立ち上げた。

ぐるぐるヤ→ミ→プロジェクト

谷中というまちからインスピレーションを受け、何かしたいと思うエネルギーを「ぐるぐる」、それに影響を受け行動を起こす人たちを「ヤ→ミ→」と名付け、「ぐるぐる」と「ヤ→ミ→」が絡み合い、谷中のあちこちでさまざまな企画を繰り広げた。訪れた人々にも「ぐるぐる」が沸き起こり、「ヤ→ミ→」となってまたどこかへ歩き出す。この連鎖こそが「ぐるぐるヤ→ミ→プロジェクト」である。

2009年は9月26日から10月26日の間、参加型パフォーマンスツアー「谷中妄想ツァー!!」、トークイベント「谷中放談」、ライヴイベント「LOVE!LIVE」、特別公演「鬼背参り」の4つのプロジェクトを〈art-Link上野―谷中2009〉実行委員会とざぶとん亭風流企画と協働し、実施した。

また本事業は、東京文化発信プロジェクトにおける「学生とアーティストによるアート交流プログラム」の一環として実施された。

*「東京文化発信プロジェクト」とは
東京文化発信プロジェクトは、東京ならではの芸術文化の創造・発信と、芸術文化を通じた子供たちの育成を目的として、東京都と東京都歴史文化財団が芸術文化団体、アートNPO等と協力して実施しているプロジェクト。そのなかの事業の1つ、「学生とアーティストによるアート交流プログラム」は、大学等の高等教育機関と連携し、学生が地域や社会の中でアーティストと交流・協働し、その成果を社会に発表するもの。学生にアートを通じて多様な経験をする機会を提供することを目的としておこなわれ、「ぐるぐるヤ→ミ→プロジェクト」はこの事業と共催して実施された。
東京文化発信プロジェクト

谷中妄想ツァー!!

実施日
2009年10月4日(日)、10日(土)

谷中のおかって2

ツアーの参加者が街を歩きながらさまざまな表現に出会う企画。

まちなかにはいたるところに若い芸術家たち(音楽家・画家・写真家・ダンサー・ネイルアーティストなど)が点在し、参加者を出迎えた。

企画段階で挙げられたのは、「アーティスト」という枠組みではこぼれおちてしまうような人(今までの経験がない人、まちの中で何かをやりたい人など)が、社会の中で何らかの表現を実践していける現場が少なく、また、 そのような人や場をマネジメントする人がいないという点であった。そこで生まれたのが、既存の概念にあてはまらない人や、まだプランが固まっていないがやりたい気持ちがある人を支え、谷中を舞台に行動を起こすということ。そうすることで、お互いに刺激しあい一緒にやっていける新たな場をつくり、 「アート」や「アートマネジメント」の新しい形を模索しようというコンセプトであった。

「ツアー」ではなく「ツァー!!」としたのは、前年に開催したガイドツアーではなく、アーティスティックに進化したツアーであることと、従来の概念には収まらないツアーであることを体現するためである。

谷中放談 vol.1アートのお仕事

実施日
2009年9月27日(日)、10月11日(日)、12日(月・祝)、16日(金)、17日(土)

谷中のおかって3

アートに携わっている方が体験談や現場のお話をするトークイベント。〈art-Link 上野−谷中2009〉 実行委員会の企画協力によりおこなわれた。

1997年にスタートした〈art-Link 上野−谷中2009〉は、その13年の歴史のなかでアートの仕事をしている人たちが数多くかかわってきた。「谷中放談」ではその方たちをゲストとして迎え、彼らの体験やエピソードを聞く機会として立ち上げられた。キュレーターやギャラリー運営など、第一線で活躍している方たちを迎え、「アートの仕事がしたい」と考えている人たちのガイダンスとなるだけでなく、現在のアート環境を多角的に捉える機会となった。

LOVE!LIVE

実施日
2009年9月26日(土)、10月3日(土)、11日(日)、18日(日)

谷中のおかって4

ギャラリ―にておこなう音楽パフォーマンス、ダンスやサウンドインスタレーション企画。

ギャラリーにアーティストを推薦し、アーティストとギャラリーに展示する作家とギャラリーのオーナーの間に出会いをもたらすことから始める企画。音楽やダンス、サウンドインスタレーションなど4組のアーティストたちが、谷中界隈のギャラリーを舞台にライヴを繰り広げた。

鬼背参り

実施日
2009年10月26日(月)

谷中のおかって5

柳家喬太郎(落語)と田中泯(踊り)によるコラボレーション企画。

「鬼背参り」という夢枕獏が書き下ろした怪奇落語を、柳家喬太郎の落語と田中泯の踊りで、谷中霊園内にある天王寺にて上演した。落語や演芸の企画運営をおこなう「ざぶとん亭風流企画」の代表を務める馬場憲一氏が「ぐるぐるヤ→ミ→プロジェクト」に本企画を持ち込んだことにより、特別公演として実現した。谷中のおかってのメンバーは主に当日運営に携わり、観客を惹き付けるプロのアーティストがもつ力量を実感することができた。

リンク

東京都文化発信プロジェクト
http://www.bh-project.jp/

art-Link上野-谷中
http://artlink.jp.org/

ざぶとん亭 風流企画
http://www.zabutontei.com/

ぐるぐるヤ→ミ→プロジェクト
http://guruyami.web.fc2.com/

このページの先頭へ移動